鬱と自殺未遂…からの平凡な日々

人間関係に悩み鬱病。 絶望からの自殺未遂。 どん底からの平凡な日々。 自分の経験と感情を包み隠さず発信。

13


↓↓↓クリックお願いします!
↓↓↓いろんな方がブログを書いています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  


気になるツイッターの紹介


1234



ウツタローの時の事を
思い出すと
ほとんど当てはまっているな。


病気にならないと
わからないのだろうけど。


可能なら気にしないことが
ベストなのだが
それも実際難しい。


それとは別に
いまのウツタローにも
考えさせられた。


今のウツタローが
加害者になっていないか?


特に気になったのが
・アドバイス気どりのマウント


これってやりがち



相手を助けようとする
気持ちが前面に出るばかりに
マウントをとってしまう


気をつけよう。


Everyday is a new day
道はいくらでもある


↓↓↓クリックお願いします!
↓↓↓いろんな方がブログを書いています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ






123



↓↓↓クリックお願いします!
↓↓↓いろんな方がブログを書いています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  


ウツタローの同僚が
会社を辞める。


次の就職先は
利尻島の職員らしい。


ウツタローは
それを聞いて
羨ましいと思った。


利尻島は北海道の島
risiri


北海道のさらに北の果て


実はウツタロー
過去に2回行ったことがある


山が美しく
食べ物がおいしく
とても静かで居心地がいいけど…
住みたいとは思わない。
(あくまでウツタローの考え)


ウツタローは
利尻島の職員になることが
羨ましいのではない


自分の好きなことを
自分がいいと思ったことを
実行できる
決断力が羨ましい。



一般的には
このように思うのでは?


「給料さがるし」
「やっていけるかわからない」
「もう若くない」


ウツタローも
前の会社で病気になったとき
辞めるという選択を
出来なかったのは
そのような考えがあったからだ。


結果的には仕事をクビになり
いまの会社に就職して
運よく楽しく過ごしている。


こういう
自然豊かなところに
移住するって
心が病んでいるときに
やってもよかったなと
ちょっと思った。


いろいろな生き方がある


いまの生活
いまの価値観に
囚われる必要はない


利尻に住めば
いろんな価値観が
変わるだろうな。


都会でそれなりに
お金を稼いでいるが
毎日ツライ思いをしているのと

田舎で貧乏でも
楽しく過ごしている


後者のほうがストレス少ないのだろう。


Everyday is a new day
道はいくらでもある


↓↓↓クリックお願いします!
↓↓↓いろんな方がブログを書いています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



123_compressed_page-0001
↓↓↓クリックお願いします!
↓↓↓いろんな方がブログを書いています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  


ウツタローは
職場のパワハラで
病んでしまった。


会社のハラスメントに対する
考え方が
当時、イマイチだったとは思うが
社員すべてが
ハラスメント体質であったわけではない






こればかりは
どうしようもない。


サラリーマンは
上司や同僚を選べないから


だから
うつになるのは
自分のせいではない。


とはいえ
すぐに会社を辞めるという
選択をできるわけでもないし


ましてや
独立なんて…


とりあえず休むしかないのだ


Everyday is a new day
道はいくらでもある



↓↓↓クリックお願いします!
↓↓↓いろんな方がブログを書いています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


↑このページのトップヘ